【インタビュー動画】青森のゲームクリエイターに聞くゲーム業界の魅力

eスポーツはプレイヤーに対してフォーカスした流れですが、
「ゲームを作りたい」層も存在します。

ゲーム開発と一口に言っても、規模を問わず様々な工程が存在しています。
ゲームの内容によって、どういった職種・技術・適性が求められるのか?
青森出身で実際にゲーム開発を行っている方や経験者に、インタビューをしてみました。

青森県内の中高生の中にも、ゲーム業界に就業したいと考える人がいると思います。
ぜひご視聴いただき、進路選択の一助としてもらえればと思います。


1.福井 烈(ふくい たけし)さん
note株式会社/ソフトウェアエンジニア
ゲーム開発経験者
青森県弘前市 在住


2.三浦 齋(みうら ひとし)さん
株式会社エイコードバンク/ゲームプログラマー
現役ゲームクリエイター
青森県平川市 在住

※音響の関係で音声が聞き取りづらい部分があるので、YouTubeの字幕機能をオンにしてご視聴ください。

▼エイコードバンク社が開発したゲームタイトル
アビスアンドダーク
津軽為信統一記


※令和2年度 むつ小川原地域・産業振興プロジェクト支援助成事業の補助を受けて実施しています。​​​​​​​